• ホーム
  • 就活しよう!そのために「ソー活」

就活しよう!そのために「ソー活」

若い世代を中心にSNSの利用があたりまえになっている社会現象は就活にも影響を及ぼしております。
就活をする上でソー活という言葉も浸透してきました。
ソー活とはSNSを利用して就職活動を行うことを意味しておりますが、就活生側と企業側の双方向のソーの意味も含まれているといわれています。
SNSを使う年代が就活生に多いため、より多くの学生に自社を知ってもらい、より優秀な学生を確保する手段としてSNSを使ってアピール活動を行っているのです。

SNSの代表的なものといえば、TwitterやFacebook、LINEがあります。
企業のもつアカウントに申請すれば、企業から発信される情報をリアルタイムに入手することができる便利な方法なのです。
更に企業自体が情報源のため学生も安心してその情報を信用することができます。
人気企業では説明会がすぐに満席になってしまうことも多々ありますが、SNSで企業と繋がればいち早く説明会の予約をすることが可能になります。

ソー活のメリットは他にもあります。
説明会やホームページで伝えきれない貴重な情報を発信することができます。
また企業が情報を発信するだけではなく、学生側から質問をすることも可能です。
企業のアカウントに申請をしている学生の多くは、その企業を志望している人なので志望者同士の交流の場にもなり、皆でその質問や話題を共有することで志望度が上がる学生もいるでしょう。
このようなSNSを通じてのコミュニケーションによって双方のミスマッチを防ぐことできるのです。
また遠方の就活生は都心部に住む学生と違い、説明会へ行くにも時間と費用がかかります。
そんな学生たちのためにもソー活は便利な手段ですし、企業側からしてもSNSの活用はより多くの学生に知ってもらうための効率が良い手段だと考えられます。

便利な機能を持ち合わせているソー活ですが、残念なことにデメリットもあります。
企業のアカウントに申請をするということは、自分の個人情報を企業に教えることになります。
ほとんどの学生がプライベートでSNSを利用しているため、過去に自分が掲載した情報が企業側からは丸見えなのです。
一部の企業では、SNS上の掲示板で企業イメージがマイナスになるような発言をしている情報源を探し、その人を選考から外すようにしていることもあるそうです。
また一度SNSへ投稿した記事は企業側だけではなく登録者全員が閲覧することができます。
ソー活をする際は間違いを起こさないように注意して利用するようにしましょう。

現代の就活生にとってソー活は非常に便利なものです。
しかし一歩間違いを犯すと致命傷になりかねません。
情報を正しく使用し、効率的に志望している企業へ就職できるよう努めましょう。

関連記事